箱根神社様での神前結婚式の魅力

箱根神社様(九頭龍神社様)は、古来、関東地方の山岳信仰の中心地として人々の信仰を集めてきた元箱根にある神社です。
その歴史は1260年以上もあり、皇族の方々も参拝されています。現在では、縁結びのパワースポットとしても有名になりました。

箱根神社様ってどんなところ?

箱根神社様は、757年(天平宝字元年)に、万巻(まんがん)上人が箱根大神の御神託により、現在の箱根の地に社殿を創建したのが始まりだとされています。かつては、源頼朝、徳川家康など、有名な武将達が戦勝を祈願し、栄えてきました。近代になり東海道が整備されると、交通安全を祈願する庶民信仰も隆盛を迎え、広く親しまれるようになりました。
御本殿までは、90段の階段を上る正参道ルート、ゆるやかで階段のない脇参道ルート、車いすの方向けのエレベーターがある宝物殿ルートがあります。体力や体調に合わせて最適なルートを進みましょう。
境内は御本殿を中心に、九頭龍神社新宮などいくつかの神社が点在しています。特に、九頭龍神社新宮、矢立の杉、安産杉などのスポットが人気です。

箱根神社

箱根神社様の御神徳

箱根神社様は、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)と木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の御三神を、「箱根大神(ハコネノオオカミ)」と総しお祀りしています。
この御三神は、日本神話にも登場する有名な神様達です。開運厄除、心願成就、交通安全、勝運守護などさまざまな御神徳があります。

箱根神社様の楽しみ方

箱根神社様にはさまざまな楽しみ方があります。ここでは、その楽しみ方を紹介します。

参道

御本殿に続く参道の両脇には、樹齢600年を超える老杉がそびえ立ち、静謐な佇まいを見せてくれます。
第四鳥居の近くには、「矢立の杉」と呼ばれる注連縄の巻かれた大杉が目に入ります。かつて征夷大将軍 坂上田村麻呂が東北鎮撫に向かう際、戦勝を祈願して御神前に矢を献じ、祈願が成就したことから、後の世の武将達も参詣の際に表矢を献じるようになったと伝えられています。
箱根神社参道

手水舎

正参道石段前、第四鳥居の横にある手水舎。新道では、神聖な場所に入る前には、水で口と手を濯ぎ清めます。神社の境内には手水舎という施設があり、水と柄杓が設置されています。
箱根神社手水舎

安産杉

御本殿に近い場所にある大杉は、安産杉と呼ばれ親しまれています。御祭神である瓊瓊杵尊と木花咲耶姫命の夫婦が結婚されて、彦火火出見尊が健やかに誕生したという神話に由来した幸運の木です。
子孫繁栄、子授け安産に御神徳があるとされ、多くの人が訪れる注目のスポットです。
箱根神社 安産杉

結婚式のながれ

結婚式 式次第

  • 号鼓ごうこ
  • 修祓しゅばつ
  • 斎主一拝さいしゅいっぱい
  • 献饌けんせん
  • 祝詞奏上のりとそうじょう
  • 夫婦盃ふうふがためのさかずき
  • 誓詞奏上ちかいのことばそうじょう
  • 玉串拝礼
    (新郎新婦)
  • 指輪交換ゆびわのとりかわし
  • 玉串拝礼
    (両家代表)
  • 親族盃しんぞくかためのさかずき
  • 御神楽奉奏おかぐらほうそう
  • 撤饌てっせん
  • 斎主一拝さいしゅいっぱい
  • 斎主挨拶
  • 号鼓ごうこ
  • 記念品授与
夫婦盃
夫婦盃
誓詞奏上
誓詞奏上
玉串礼拝(新郎新婦)
玉串拝礼(新郎新婦)
指輪交換
指輪交換
玉串礼拝(両家代表)
玉串拝礼(両家代表)
親族盃
親族盃

ページトップ